鈴鹿大学短期大学部

menu

titile_academics

生活コミュニケーション学専攻 ペットコース

※平成29年度から募集を停止し、現在は2年生が在籍しています。

ペットコースの特徴

家族や友人同様、社会を構成する一員として、かけがえのない存在のコンパニオン・アニマル。本コースが目指すのは、人と動物の双方を正しく理解し、両者のきずながより深まるようにサポートする専門家。

犬と猫を中心とした幅広い教養と、飼育やケアのスキルを身につけ、人と動物の共生社会づくりに貢献できる力を養います。
※平成29年度から募集を停止しました。

POINT1:動物の生態や心を理解し、一緒に成長できる

ドッグインストラクターを目指す人も、家庭での理解を深める人も、学校犬「すず」といっしょに、ペットの生態や共に暮らすための知識を学習します。

POINT2:現場で役立つペットにやさしい接し方を学ぶ

ペットの看護やケアやトレーニングなど、ペットとの生活に必要な接し方の技術を身につけ、それを人に伝えるコミュニケーション能力を磨きます。

POINT3:ジャパンケネルクラブ(JKC)の資格取得を目指す

犬に関する専門的な講義・実習を行い、犬を通しての社会貢献を行うJKCの公認トリマー、公認ハンドラーなどの資格取得を目指します。

生活コミュニケーション学専攻 ペットコース

ペットコース内容

1.ペットについての知識

ペット関連の仕事につきたい方から家庭犬インストラクターを目指す方まで、科学的で人道的な「知識」と「技術」を基礎から応用まで幅広く学べます。

2.ペットを扱う技術

ペット動物の日常的な飼育係、健康管理に必要な動物看護とトリミングの理論を学び、さらに、演習と実習では現場で活用できる実践力まで学びます。

3.社会で役立つコミュニケーション

集団・社会・文化を形成する上で欠かせないコミュニケーションスキルを学びます。将来の就職に活かせるように、基礎から実践力までを段階的に修得することができます。

目指す資格

  • D.I.N.G.O.認定DDCT
  • JKC公認ハンドラーC級
  • JKC公認愛犬飼育管理士
  • 本学認定ドッグアドバイザー
  • 日本語ワープロ検定
  • JKC公認トリマーC級
  • 情報処理技能検定・表計算 など

先生からのメッセージ

ペット・小動物にかかわる知識だけでなく、ペットコース自ら考え、答えを出す力も習得して欲しい。

犬、猫などの小動物の身体の構造と機能から日常の健康管理まで、将来、動物病院や動物園で働くために必要な知識と技術を習得します。教科書の知識だけではなく、社会で必要とされる実践力を養う授業を行うことを大切にしております。2年間の学びを終えるころには、科目の体系やつながりが見えてくるようになり、学問の面白さに気づくと思います。

卒業後も勉強を続けていけるよう、学習の習慣や自分に合った勉強法を身につけて欲しいと願っています。小動物を扱う短期大学は全国的にも珍しく本学ならではです。興味のある分野の仕事につく夢を実現できるよう、私たちといっしょに学んでいきましょう。

 

准教授 櫻井 秀樹

生活コミュニケーション学専攻 ペットコース
  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

site index