鈴鹿大学短期大学部

menu

titile_academics

食物栄養学専攻 栄養教諭・栄養士コース

食物栄養学専攻  栄養教諭・栄養士コースの特徴

現代人は過食・偏食・運動不足・ストレス過剰などの問題を抱え、健康にさまざまな影響を及ぼしています。

その中で、栄養士のより高度な指導が求められています。

本コースでは、健康な生活をおくるための食事や栄養指導、生活習慣病予防などのアドバイスができる栄養士・栄養教諭を目指し、資格取得も積極的に応援しています。

POINT1:地元で必ず就職したい!

栄養士として地元で100%就職できます。就職支援体制が充実しているので、自分にあった就職先を見つけることができます。

POINT2:バランスのよいおいしい料理を作りたい!

学内の実習を通して調理技術が向上し、対象者にあわせたバランスのよいおいしい食事を提供できるようになります。家庭料理技能検定合格を目指すことで、具体的な目標が定まります。

POINT3:新商品の開発をしたい!

地域企業とのコラボレーションにより、新しい商品の開発に携わることができます。企画から試作、商品化して店頭に並ぶまで関わることができます。将来的に起業を考えている人にはおすすめです。

POINT4:食に関する同好会活動に参加したい!

クッキング同好会Tomatoは、オープンキャンパスなどのイベントで手作りお菓子の提供を行ったり、学外のイベントで食育活動を行っています。スポーツ栄養サポート研究会Grow upでは、地元ハンドボールチームの選手を食事面からサポートしています。また、スポーツ情報誌への連載もしています。

POINT5:管理栄養士へステップアップしたい!

卒業後3年間栄養士として実務経験を積んだ後、管理栄養士国家試験への受験資格が得られます。

卒業生へ国家試験準備講座を開き、試験合格への支援を行っています。

(国家試験が3月のため実質卒業後4年となります)

食物栄養学専攻 栄養教諭・栄養士コース

栄養教諭・栄養士コース内容

1.栄養と健康

たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどの栄養素は、エネルギー源や身体の生理機能を調整しています。これら栄養素の重要な役割を学びます。
カリキュラム: – 解剖および生理学 – 基礎栄養学 – 応用栄養学 – 臨床栄養学 など

2.食品と衛生

食品成分とその変化・食品材料の加工・食品の機能性と規格等、食品の各種成分の栄養特性について理解するとともに、食品の安全性の重要性を認識し衛生管理の方法を学びます。
カリキュラム: – 食品学総論 – 食品衛生学 – 食品学実験Ⅰ・Ⅱ – 食品衛生学実験 – 公衆衛生学など

3.給食の運営

さまざまな施設でおいしい給食が提供できるように給食費、献立作成、材料発注、検収、食数管理、調理作業、配膳などの食事計画からサービスまでの実践的な技術を磨きます。

 

カリキュラム: – 給食管理 – 給食実務論実習Ⅰ・Ⅱ – 給食計画論 -給食計画論実習– 調理学 – 調理学実習Ⅰ・Ⅱ など
 

目指す資格

  • 栄養士免許証
  • 栄養教諭2種免許状
  • 社会福祉主事任用資格
  • 家庭科料理技能検定 3級
  • 食生活アドバイザー2級・3級
  • 栄養士実力試験認定証
  • 日本赤十字社救急法救急員
  • 日本赤十字社幼児安全支援員
  • ピアヘルパー
  • 医療事務管理士
  • 音楽療法士2種
  • レクリエーション・インストラクター
  • 介護職員初任者研修修了者(旧ホームヘルパー2級)

教員紹介

先生からのメッセージ

みんなが元気で健康に過ごせるよう、食の大切さを伝えましょう!

本コースでは、まずは自身の食生活を見直すことから始め、最終的には人々が健康的な生活をおくるための栄養指導ができる食の専門家を目指します。もちろん、見た目やおいしさも満足いただける食事を提供する調理技術も必要です。基礎となる科目については苦手意識が出ぬよう、実習については講義内容とリンクさせ、学んだ事例を実習で確認することで内容の定着と応用していく力を養えるよう指導しています。わからないことがあっても先生や先輩に気軽に質問でき、仲間たちといっしょに成長していける環境づくりをわれわれ教員の使命ととらえ、一人ひとりの力が十分に出せるようサポートしていきます。

助教 乾 陽子

食物栄養学専攻 栄養教諭・栄養士コース
  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

site index