鈴鹿大学短期大学部

menu

学童期の食事(学校給食)

2019年11月11日

今回の応用栄養学実習では、学童期の食事(学校給食)について学びました。

 

【献立】


・コッペパン


・津ぎょうざ


・ミネストローネ


・オレンジゼリー

 

今回の献立、津ぎょうざとは津市のご当地グルメです。


元来は子どもたちの栄養・満足感を考えた上、


津市の教育委員会の栄養士たちにより造られた学校給食用のメニューだそうです。


直径15センチという大きな皮を使ったぎょうざは、とてもインパクトがあります。

 

様々な工夫や考慮がなされた学校給食は、自動の健全な心身発達に貢献し、


望ましい食習慣を養う上でも重要な役割を果たします。


また、成長著しい子どもたちに必要な1日のエネルギーのうち、1/3の栄養を補えるよう作られています。


学童期は身体活動が活発になる頃で、活動に応じた各栄養素が必要になります。


また幼児期から培われた食習慣の基礎が確立される大切な時期でもあります。


そのため、正しい食生活を身に付け、適切な栄養を摂取することがとても重要です。

 

3班(奥野、佐野、西尾、矢橋、高尾)

3班 (2)

HP

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

site index