鈴鹿大学短期大学部

menu

⽣活コミュニケーション学科の3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー
  • 1. ⼟台となる力 短期大学士としての基本的知識と食物栄養や保育・教育に関わる 知識・技能を持つことができる
  • 2. 生きる力 学んだ知識・技能を活かした思考力・判断力・表現力をもち、主体的に 問題解決にあたることができる
  • 3. つながる力 価値観、文化等の多様性を理解し、協働して問題解決にあたることができる。

 

カリキュラム・ポリシー

本学は教育課程編成にあたって、次のようなカリキュラム・ポリシー(教育課程方針 Curriculum Policy)を定め、必要な授業 科目を 配置している。
基礎教育科目では、現代社会に生きるための教養を重視し、教養科目を配している。
専門教育科目では、各専攻が目指す 人材像、及び、取得しようとする資格に応じた科目を配している。
基礎教育科目および専門教育科目の実施においては、主体的 に学ぶ 学生を育成するために、協働的な学び 等のアクティヴラーニングを行うことを基本とする。
さらに、各科目の評価においては、本学の定 めるアセスメント・ポリシーに応じて、評価を行う。

 

アドミッション・ポリシー

≪知識・技能≫

  • 1.高等学校で履修したすべての教科で教科書レベルの基礎知識・技能を有する人
  • ≪主体性・多様性・協働性≫

  • 2.自ら積極的に学んでいく意欲がある人
  • 3.現代社会に関心を持ち、地域社会に貢献したいと考えている人
  • 4.他者とコミュニケーションがとれ、協調性がある人
  • ≪思考力・判断力・表現力≫

  • 5.さまざまなことがらを多面的に考え、自らの考えを表現できる人

 

食物栄養学専攻の3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

食物栄養学専攻は、自身の専門分野に軸足を置き、その専門的な観点から未来の持続的発展のために、グローバル化社会の抱える地球 的規模の課題を、他分野の研究成果を取り入れることによってイノベーションを生み出すことができる実務的人材を養成する。 この観点から、本専攻では以下の3つの能力を身に付けたうえで、必要な単位を修得した者に卒業を認定し、短期大学士の学位(生活学)を授ける。
≪知識・技能≫

  • 1.食と健康について幅広い知識を持ち、その分野特有の技術を実践の場で活用できる。
  • 2.食と健康に関わる諸問題を科学的に考え、事実とそれに対する考察の過程を論理的に表現することができる。
  • ≪主体性・多様性・協働性≫

  • 3.多様な価値観を認めながら他者と協働し、ねばり強く食と健康の課題に取り組むことができ、また、自らの専門性を背景に健康的な 食生活について提案することができる。
カリキュラム・ポリシー

栄養士専門教育科目は、「社会生活と健康」、「人体の構造と機能」、「食品と衛生」、「栄養と健康」、「栄養の 指導」、「給食の運営」の 6つのカテゴリーにわかれ、それぞれのカテゴリーにおいて、総論から各論に進むように編成され、講義と演習、実験・実習を体系的かつ系統的に設置する。また、栄養教諭2種免許状を取得することを目的に、「教職に関する科目」および所定の教科に関する科目を設置し、フードビジネスクリエーター証を取得することを目的に「フードビジネス科目」および所定の教科に関する科目を設置する。
食・栄養でSociety5.0を創る人材を育成することを目的として、食物栄養学専攻では上記のカリキュラムを進めていくために以下の学修支援を実施する。

 
≪教育内容≫

  • 1. 基礎から応用、理論から実践へと段階的に学べるように科目を編成する。
  •     

  • 2.総合演習(初年次教育)では、社会人に求められる教養に加えて、大学での学びに必要なスタディスキルの習得と学びのモチベーションを高めるための学習管理を指導する。
  •     

  • 3.専門教育科目では、地域の食に関するさまざまなニーズ(食育、食ビジネス等)に応えるため、興味や関心を高める科目を多彩に取り入れる。

 
≪教育方法≫     

        

  • 4.教育方法は、講義、演習、実験、実習などを組み合わせ、グループワークや課題解決型学習などの多様なアクティヴラーニングの要素 を取り入れて、主体的・対話的で深い学びの学修を行う。
  •     

  • 5.演習と実験・実習では、その分野に精通する主担当者を配置するとともに複数の教員、または助手を配置することによって、きめ細かい指導を行う。
  • 6.ボランティア活動やインターンシップの実績を単位認定することで、学内および学外のイベントへの参加を積極的に促し、地域とつな がる力を主体的に育むことができる環境を整える。

 
≪教育評価≫

  • 7.教育評価は、各科目でディプロマ・ポリシーに照らして授業の目的や達成目標・到達点を明確にし,学生の学修到達度を客観的・多面 的に評価する。
  • 8.教育評価は、筆記試験の他、授業参加貢献度も含め、ディスカッション、レポート、プレゼンテーション等の多様な評価方法の中から、 あるいは複数の評価方法を組み合わせながら、それぞれの科目の特性に応じて評価する。
  •     

  • 9.セメスターごとに個人面談を実施し、また、学期途中で形成的評価を行い、学生にフィードバックすることで、学生一人ひとりが自ら の学修成果を把握できるようにする。
  •  

    アドミッション・ポリシー

    ≪知識・技能≫

          

    • 1. 高等学校等での学びを通して、本学での学びに必要となる学習習慣を有する人。
    • ≪思考力・判断力・表現力≫
          

    • 2. これまでに学び、経験したことを活用して、食料・健康、情報・ICTなどの地球規模の課題の解決に貢献するため積極的に学ぶ意欲のある人。
    • ≪主体性・多様性・協働性≫
          

    • 3. さまざまな世代の人とコミュニケーションをとるための対話能力や文章作成能力があり,食と健康の分野で社会の発展のために貢献し たいと考えている人。
      このような人を適正に選抜するために、学力の3要素をふまえて評価する入試を実施する。各入試では、高等学校の調査書、推薦書、面 接における口頭試問、プレゼンテーション、作文、大学共通テストなどを活用し、多角的・総合的な選抜を実施する。また、3要素の中で 重視する部分を示す。
    • こども学専攻の3つのポリシー

      こども学専攻は、SDG sの目標4にあるこどもの教育の重要性(ターゲット4.1,4.2)に軸足を置き、その専門的な観点から未来の持続 的発展のために、こどもに関する家庭・教育・保育に関する課題を、さまざまな人たちと協働しながら主体的に考えることができ、理想を 追求し、その理想を実現するために実践し続ける実務的人材を養成する。
      この観点から、本専攻では以下の3つの能力を身に付けた者に短期大学士の学位(生活学)を授ける。

      ディプロマ・ポリシー

      ≪知識・技能≫

      • 1.SDG sの目標4にあるこどもの教育の重要性(ターゲット4.1,4.2)を礎として、0歳から12歳までの発達と学びについての知識及び、こ どもの発達と学びを支える技能を習得している。
      • ≪思考力・判断力・表現力≫

      • 2.SDG s目標4【質の高い教育をみんなに】を実現するために、こどもについての培った知識・技能を駆使して質の高い教育・保育を提 供することができる。
      • ≪主体性・多様性・協働性≫

      • 3.自律的に活動し、かつ、異質な集団で交流することができる。(ESD キーコンピテンシー)

       

      カリキュラム・ポリシー

      本専攻では、ディプロマ・ポリシーを達成できるように2年間の教育内容を体系的に編成し、適切かつ実践的な教育方法のもと、学修達 成状況を評価する。

      ≪教育内容≫

      • 1.こども学専攻のカリキュラムは、基礎教育科目と専門教育科目がある。
      • 2.基礎教育科目には、外国語科目、情報科目、総合科目、保健体育科目からなり、社会人として求められる一般的な教養を学修していく。
      •     

      • 3. 入学時および各セメスターにて個人面談を実施し、学生一人ひとりが自らの学修成果を把握し、自身の課題を克服できるように支援する。
      • ≪教育方法≫

      • 4.学生が主体的、協働的に学ぶことにより保育・教育などに関する課題解決に取り組む力を育むために、全カリキュラ ムにおいてフィールドワーク、グループワーク、ディスカッション(ディベート)、課題解決型学習などのアクティヴ ラーニングの要素を取り入れる。
      • 5.学生自身の強みを伸ばし、弱点を補強する科目を主体的に選択することができる。
      •     

      • 6.ICT(Information and Communication Technology)の活用を通して情報教育の充実を図る。
      •     

      • 7.1年次から指導担任制を敷き、少人数指導体制のもとディプロマ・ポリシーの実現に向けた学修指導を行う。入学生 一人ひとりが自らの学修成果を把握し、自身の課題を克服できるように入学時および各セメスターで個人面談を実施する。
      •     

      • 8.実習においては、その分野に精通する主担当者を配置することによって、きめ細かい指導を行う。
      • ≪教育評価≫
            

      • 9.本学が定めるアセスメント・ポリシーに基づき、各科目においてディプロマ・ポリシーに照らし、授業の目的や到達 目標を明確にし、学生の学修到達度を客観的、多面的に評価する。
      •     

      • 10.各科目においてセメスターの途中で中間評価を行い、その評価を学生にフィードバックして到達目標の達成に向けた 指導を行う。
      •     

      • 11.学習成果の評価については、筆記試験、レポートのみならず、授業参加貢献度も含め、プレゼンテーション、ディス カッションなど多様な評価方法の中から、複数の評価方法を組み合わせ、それぞれの科目の特性に応じて行う。 上記のように編成された教育課程に基づきながら、こども学専攻として体系的・組織的な教育が達成されているかを定 期的に点検・評価し、よりよい教育課程を構築するために改善・改革を図っていく。
      • アドミッション・ポリシー

        ≪知識・技能≫

        • 1.高等学校までに学んだ基礎的な知識・技能が身についた人。
        • ≪思考力・判断力・表現力≫

        • 2.これまでの学びを基礎にして他者に対して自己の考えを表現することができる人。
        • ≪主体性・多様性・協働性≫

        • 3.初等教育や幼児教育について主体的に学ぶ意欲があり、多様な他者とコミュニケーションがとれる人。 このような人を適正に選抜するために、学力の3要素をふまえて評価する入試を実施する。各入試では、高等学校の調査書、推薦書、面 接における口頭試問、プレゼンテーション、作文、大学共通テストなどを活用し、多角的・総合的な選抜を実施する。また、3要素の中で 重視する部分を示す。
        • SNSでシェアする
        • SNSでシェアする

    site index