鈴鹿大学短期大学部

menu

3つのポリシー

1. 卒業認定・学位授与に関する基本的な方針(ディプロマ・ポリシー)

鈴鹿大学短期大学部のディプロマ・ポリシー

  • 土台となる力、生きる力、つながる力を有し、即戦力として社会に貢献できる者

 

各専攻のディプロマ・ポリシー

食物栄養学専攻 栄養教諭・栄養士コース

(土台となる力)

  • 栄養士・栄養教諭としての必要な知識を有する。
  • 栄養士・栄養教諭としての必要な調理技術・計算能力等の技能を有する。

(生きる力)

  • 栄養・健康問題において自らの課題とその解決法を見つけ、行動変容することができる。
  • 自らがキャリア開発に努め、食べ物を通して健康づくりに携わることができる。

(つながる力)

  • 健康づくりを支援する諸活動に積極的に参加し、それぞれの対象特性に応じた関わりを行うことができる。
  • 栄養指導・栄養教育において、円滑なコミュニケーションを図ることができる。

 

こども学専攻 幼稚園教諭・保育士コース

(土台となる力)

  • こども学を幹とする幅広い教養・技能を備え、それらを社会で活用できる。

(生きる力)

  • 子どもや社会のためになることを探求し、その創造に根気強く取り組める。

(つながる力)

  • 多様な他者や地域と連携し、協働しながら子どもを育てられる。

2. 教育の実施に関する基本的な方針(カリキュラム・ポリシー)

本学は教育課程編成にあたって、次のようなカリキュラム・ポリシー(教育課程方針 Curriculum Policy)を定め、必要な授業科目を配置している。基礎教育科目および専門教育科目における教育目標は次のとおりである。

基礎教育科目

  • 本学での学びおよび生涯に渡る学びの土台を育成する。
  • 多様な領域への関心と探求への意欲と自らの人生を切り拓く態度を育成する。
  • 他者への関心および他者へと繋がろうとする意欲と他者を尊重する態度を育成する。

専門教育科目

食物栄養学専攻 栄養教諭・栄養士コース
  • 栄養士・栄養教諭に必要な知識・技術を育成する。
  • 食に関する問題を自ら解決するための自己学習能力を育成する。
  • 積極的に食育活動へと関わる力を育成する。
  • 食教育における対象者とのコミュニケーション能力を育成する。
  • 食の指導者として必要な自己表現能力を育成する。

 

こども学専攻 幼稚園教諭・保育士コース
  • 保育者の知の土台となる保育学・教育学・心理学等を学び、論理的思考や物事の本質を見抜く力を育成する。
  • 保育実践の土台となる音楽・造形・運動遊び等の技能を、個々のニーズに応じて育成する。
  • 保育者として必要な自己研鑽の意識を持ち、保育実践上の課題を能動的・主体的・協働的に発見し解決する力を育成する。
  • こどもと家庭の福祉の担い手としての責任感・使命感を持ち、自ら進んで他者や地域にかかわることのできる力を育成する。
  • 心と体を使い、言葉・音楽・造形・運動など、さまざまな方法で自らを生き生きと表現する力を育成する。
  • こどもやその家族、同僚や地域の人々などの多様な他者を、的確に深く理解するためのコミュニケーション能力やカウンセリングマインドを育成する。

 

3. 入学者受け入れに関する基本的な方針(アドミッション・ポリシー)

生活コミュニケーション学科

  • 1. 高等学校で履修したすべての教科で教科書レベルの基礎知識・技能を有する人
  • 2. 自ら積極的に学んでいく意欲がある人
  • 3. 現代社会に関心を持ち、地域社会に貢献したいと考えている人
  • 4. 他者とコミュニケーションがとれ、協調性がある人
  • 5. さまざまなことがらを多面的に考え、自らの考えを表現できる人

 

食物栄養学専攻 栄養教諭・栄養士コース
  • 栄養士、栄養教諭となるための基礎知識・技能(家庭、体育、理科、数学等)を有する人
  • 栄養と健康に関心を持ち、学ぶ意欲がある人
  • 栄養や健康に関する課題に関心をもち、地域社会に貢献したいと考えている人
  • さまざまな世代の人々とコミュニケーションがとれる人
  • 栄養や健康に関する課題に対して自らの考えを表現できる人

 

こども学専攻 幼稚園教諭・保育士コース
  • 2年間で即戦力の保育者となるための基礎的能力(音楽、体育、美術等)を有する人
  • 幼児教育や福祉に関心を持ち、学ぶ意欲がある人
  • こどもや他者、社会と積極的に関わり、地域社会に貢献したいと考えている人
  • 書く、読む、話す、聞く等の基本的なコミュニケーション能力がある人
  • 音楽、美術、体育等で自己表現ができる人
  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

site index