鈴鹿大学短期大学部

menu

titile_about

沿革・校歌

昭和41(1966)年

1号館校舎、管理棟完成

家政科を開学

初代学長に理事長堀 敬文先生 就任

昭和42(1967)年 家政科を家政専攻と食物栄養専攻に専攻分離
昭和44(1969)年

2号館完成

家政科を家政学科に名称変更

家政専攻に養護教諭養成課程を設置、養護教諭コースとする

家政学科第3部を設置

昭和54(1979)年 2号館増築および学生食堂改築、3階建学生寮が完成
昭和59(1984)年 商経学科を設置、開設落成記念式典3号館新築
昭和60(1985)年 呉竹館新築(トレーニングルーム、茶室など和室を新築)
昭和61(1986)年

2号館増築

11月 開学20周年記念式典挙行

昭和62(1987)年

第20回卒業証書授与式

商経学科男女共学となる 家政学科家政専攻・家政コースを服飾科学コースに変更

公開講座のはじまり「英文タイプ科」「ワープロタイプ科」「パソコン科」の講習会を開設(商経学科)

平成元(1989)年

家政学科第3部廃止

家政学科家政専攻入学定員50名から100名に変更

平成2(1990)年

家政学科家政専攻に食文化コースを設置

教職課程廃止〔中学校教諭2級普通免許状(保健)〕

公開講座「救急看護法」(家政学科)

平成3(1991)年

家政学科を生活学科に学科名変更

家政専攻を生活学専攻に専攻名変更

養護教諭コースを養護教諭・福祉コースに変更

生活学科、男女共学となる(養護教諭・福祉コースを除く)

生活学科生活学専攻入学定員を100名から150名に変更

商経学科入学定員を100名から150名に期間付収容定員変更

平成4(1992)年

生活学科養護教諭・福祉コース、男女共学となる

情報処理センターを新築

学生ホール新築

平成6(1994)年

商経学科募集停止

生活学科生活学専攻に生活コースを設置

平成9(1997)年 鈴鹿短期大学商経学科廃止
平成10(1998)年

鈴鹿国際大学短期大学部に校名変更

生活学専攻入学定員を150名から60名に変更

食物栄養専攻入学定員を50名から40名に変更

平成12(2000)年

第2代学長に堀 敬紀先生 就任

生活学科生活学専攻生活コースを生活情報コースに変更

教職課程廃止〔中学校教諭2種免許状(家庭)〕

生活学科生活学専攻期間付入学定員60名を恒常的入学定員60名に変更

平成13(2001)年 バリアフリー設備完成(エレベータ、車椅子専用トイレ、スロープ等)
平成14(2002)年 栄養士法の一部改正に伴い、教育内容と教員資格の見直し
平成16(2004)年

第3代学長に佐治 晴夫先生 就任

生活学科生活学専攻保育士養成施設として厚生労働大臣指定(入学定員50名)保育士コースを設置

生活学科生活学専攻入学定員を60名から90名に変更

平成17(2005)年

生活学専攻を生活学専攻(入学定員40名)とこども学専攻(入学定員50名)に専攻分離

こども学専攻に教職課程設置〔幼稚園教諭2種免許状〕

食物栄養専攻に教職課程設置〔栄養教諭2種免許状〕

学生による「授業評価」導入

平成18(2006)年

鈴鹿短期大学に校名変更

創立40周年記念式典挙行

「こころの癒しと音楽」新科目の設置

平成19(2007)年 生活学科こども学専攻入学定員50名を70名に変更
平成20(2008)年

入学前オリエンテーション実施(以降、毎年開催)

鈴鹿短期大学・青海省教育庁「職業教育に関する国際シンポジウム」開催

平成21(2009)年

生活コミュニケーション学研究所設置

教員免許状更新講習実施(以降、毎年開催)

平成22(2010)年 生活学専攻に生活コミュニケーションコースを設置
平成23(2011)年

生活学科を生活コミュニケーション学科に学科名変更

生活学専攻を生活コミュニケーション学専攻に専攻名変更

食物栄養専攻を食物栄養学専攻に専攻名変更

専攻科健康生活学専攻(2年課程)を設置し、大学評価・学位授与機構より認定 教職課程設置〔養護教諭1種免許状〕

平成24(2012)年 郡山キャンパス(鈴鹿市郡山町)に移転
平成25(2013)年

第4代学長に出雲 敏彦先生 就任

学校法人享栄学園 創立100周年

平成26(2014)年

法人分離により、学校法人享栄学園、学校法人愛知享栄学園、学校法人鈴鹿享栄学園発足

学校法人享栄学園 理事長 垣尾和彦氏 (継続)

学校法人愛知享栄学園 初代理事長に 長谷川信孝氏 就任

学校法人鈴鹿享栄学園 初代理事長に 垣尾和彦氏  就任

学校法人享栄学園 鈴鹿国際大学学長 市野聖治氏  就任

平成27(2015)年

鈴鹿短期大学を鈴鹿大学短期大学部に名称変更 学長に市野聖治就任

生活コミュニケーション学科こども学専攻入学定員70名を90名と変更

専攻科 こども教育学専攻を設置

平成28(2016)年 開学50周年記念式典挙行

校歌

鈴鹿大学短期大学部校歌

作詞 市川 良三 作曲 三輪 宣彦

鈴鹿嶺の 雪と潔く 雪と潔く

呉竹の 気高く伸びて

知性と教養 究めて磨き

文化の華を つちかう園生

白亜の殿堂 鈴鹿短大

広重の 雨を聞きつ 雨をききつ

閑かにも 深く学びて

学理と技能の 羽がいに育ち

やがて羽ばたく 希望の空へ

平和の使者立つ 鈴鹿短大

site index