鈴鹿大学短期大学部

menu

titile_about

学長メッセージ

日本は、「人生100年設計時代」を迎えようとしています。

われわれは、これまでの人生80年時代から、その人生設計を根本的に見直す必要に迫られています。さらにIT化が進み、テクノロジーの進化が著しい社会になれば、労働環境も激変し、人々の価値観も大きく変化することになるでしょう。つまり、これまでの近代教育による「標準化・均質化」がもたらした工業的な品質向上の枠組みとは異なったポストモダンの思考が求められます。
人生100年時代においては、これまでの60歳定年から、80歳までの60年間働く社会の到来が予測されます。そして、これまでの「教育→労働→引退」といった画一的なスリー・ステージから、「学ぶ×働く×遊ぶ」という個別設計対応のマルチ・ステージ人生への変換が必要となります。私たちは、不確実で複雑な、激動する社会の中にいます。「先が読みにくい時代」であればあるほど、新たなことを学び続けることの意味は、より重く、大きくなります。
鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部は、学びの達成感を通して社会に貢献し続けることのできる「知(地)の拠点」を目指しています。主体的、創造的、実践的な学びをマネジメントするべく、最新の教育課程を提供し、意欲あるみなさんの学びとキャリアを協力にサポートします。

学長メッセージ

鈴鹿大学短期大学部 学長 市野聖治

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

site index