鈴鹿大学短期大学部

menu

titile_academics

専攻科は、「誠実で信頼される人に」という建学の精神にのっとり、主に教育・保育の専門領域において、豊かな教養と幅広く深い専門知識・技術を教授研究し、地域社会に貢献し得る人材を育成することを目的とする。

専攻科 こども教育学専攻

こども教育学専攻の特徴

保育・教育のスペシャリストへ

近年、親の子育て不安や児童虐待等のさまざまな社会問題は大きく問題視されるようになりましたが、こういった問題は産業構造の変化に伴う地域の教育力の低下や少子化の結果がこどもの問題として個別的な事件として表面化しているにすぎません。

そういった複雑な背景を持つこどもの問題に対応する力量を培うために、本科での2年間の学びを基礎として、専攻科2年間の教育課程を組み立てています。

専攻科 こども教育学専攻

主なカリキュラム

  • こどもと音楽特講
  • こどもと運動あそび特講
  • 保育内容(人間関係)の理論と方法
  • 保育内容(言葉)の理論と方法
  • 教育社会学
  • 健康科学研究
  • 学校保健研究
  • 教育学研究Ⅰ
  • 教育学研究Ⅱ
  • 人間関係論研究
  • 子育て支援特論
  • 教育心理学特論
  • 相談援助研究
  • 栄養学研究(食品学を含む)
  • 情報処理研究
  • 衛生学特論
  • 修了研究Ⅰ
  • 幼児教育原理特講Ⅰ
  • 幼児教育原理特講Ⅱ
  • 発達心理学特論
  • 障害児支援特講
  • 教育原理特講
  • データ分析法
  • 食文化研究
  • 特別支援教育の研究
  • 保育内容特論
  • 情報処理特論
  • 修了研究Ⅱ

目指す資格

  • 幼稚園教諭1種免許状
  • 学士(教育学)

学生募集要項

平成30(2018)年度 専攻科募集要項(健康生活学専攻・こども教育学専攻)

教員紹介

先生からのメッセージ

楽しみながら学び、実践し、資格を取得!夢にどんどん近づける環境がそろっています。

教員一同

 

「こども教育学専攻」は、短期大学部での2年間の学びを基礎として専攻科2年間の教育課程を組み立てています。保育者としての基礎的・基本的な資質能力を基に、スペシャリストとしての保育者に求められる高度な実践力・応用力を身につけます。少人数教育の下での学習と、教員によるきめ細かい指導により、質の高い学習環境が保障されています。学習を通して幼稚園教諭1種免許状を取得し、より高度な専門性を備えた現場で有力な一員となり得る保育者を目指します。ぜひいっしょに保育・教育のスペシャリストを目指しましょう。

 

専攻科 こども教育学専攻

専攻科ニューズレター

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

site index