鈴鹿大学短期大学部

menu

titile_academics

生活コミュニケーション学専攻 養護教諭・音楽療法士コース

※平成29年度から募集を停止し、現在は2年生が在籍しています。音楽療法は、こども学専攻、食物栄養学専攻で学べます。養護教諭を目指す方は、鈴鹿大学こども教育学部健康生活学専攻へ。

養護教諭・音楽療法士コースの特徴

私たちが目指すのは、「こころ」と「からだ」の悩みを気軽に相談できる安心感のある保健室の先生。

さまざまな訴えで訪れるこどもたちに寄り添いいっしょに考え、時には力強く抱きしめ、時には背中を押す。

こどもの笑顔のためなら、どこまでだってがんばれる。そんな養護教諭を目指しましょう。
※平成29年度から募集を停止しました。

 

POINT1:三重県唯一の養護教諭養成校

本学は1969年から47年の歴史を誇る、県内唯一の養護教諭養成。

現在、三重県内で活躍する養護教諭の約4割が鈴短出身者です。

POINT2:多彩な資格を取得可能

養護教諭以外にも社会福祉主事任用資格、放課後児童指導員、医療事務などさまざまな資格が取得可能です。

POINT3:教員採用試験対策もしっかりサポート

三重県教員採用試験では、本学の卒業生が、2013年度7名、2014年度4名、2015年度5名(内専攻科現役合格1名)、2016年度6名、2017年度4名合格しました。現場の先生方のご支援をいただきながら多くの学生が知識・技術を高め、夢を実現しています。

生活コミュニケーション学専攻 養護教諭・音楽療法士コース

養護教諭・音楽療法士コース内容

1.養護教諭の職務について学ぶ

今新たに養護教諭に求められる、健康相談活動と保健教育の力。医学や看護の知識・技術を基礎に、教員はもとより、学生同士ともにこれらの力を育てます。

カリキュラム: – 学校保健 – 学校保健演習Ⅰ – 学校保健演習Ⅱ – 養護概説 – 養護実習 – 精神保健 – ヘルスカウンセリング など

2.養護教諭 に必要な看護技術習得

養護教諭は人の命を守る仕事です。こどもの目線で寄り添い、優しさと厳しさを備え、確かな看護技術を身につけることで、自分自身を大きく成長させていきます。

カリキュラム: – 看護学Ⅰ – 看護学Ⅱ – 看護学実習Ⅰ – 看護学実習Ⅱ – 臨床実習 など

3.音楽療法について学ぶ

音や音楽を通して、言葉に出来ない気持ちを理解する新しいコミュニケーション法です。理論と技術から、臨床で活かせる実践力まで学びます。

カリキュラム: – 音楽療法概論 – 音楽療法現場実習 – ギター表現 – こころの癒しと音楽 など

目指す資格

  • 養護教諭2種免許状
  • 音楽療法士2種
  • 社会福祉主事任用資格
  • ピアヘルパー
  • 日本赤十字社救急法救急員
  • 日本赤十字社幼児安全法支援員
  • 食生活アドバイザー2級・3級
  • 医療事務管理士
  • 放課後児童支援員
  • レクリエーション・インストラクター
  • 介護職員初任者研修修了者(旧ホームヘルパー2級)

教員紹介

先生からのメッセージ

こどものこころをしっかり受け止める、そんな養護教諭になれるようサポートします。

本コースでは、養護教諭を目指し、講義や実習を通して児童・生徒の健康や学校における保健活動について学びます。人体や病気についての授業内容が多いので、「自分に関係する大切な事柄」として学んで欲しいと思っています。「楽しく、わかりやすく」をモットーに体験談などを交えて少しでも身近に感じてもらえる授業構成や、コミュニケーションを取りながら参加型の授業をすることで“理解する”ことにつなげていく工夫を心がけています。本学での学びが、知識・技術の習得にとどまらず、学生一人ひとりが人として大きく成長するきっかけとなるよう、私たち教員も最大限の支援、応援いたします。

 

助教 小川 真由子

生活コミュニケーション学専攻 養護教諭・音楽療法士コース

site index