鈴鹿大学短期大学部

menu

栄養教諭を目指す学生の教育実習

2016年07月21日

食物栄養学専攻では、栄養士と栄養教諭の免許が取得できます。

今回は、栄養教諭の免許を取得するための授業について紹介します。

栄養教諭とは、学校で給食の管理と子どもたちに食に関する指導を行う教員です。栄養教諭になるためには、栄養士の資格取得に必要な科目と教員になるために必要な科目の両方を学ばなければなりません。食物栄養学専攻の学生の中でも学ぶ意欲の高い優れた学生が、栄養教諭として学校現場で活躍できるように日々勉学に取り組んでいます。
6月には2年生が三重県内の小学校へ教育実習に行かせていただきました。実習に出る前には学内でしっかり準備をしています。教材研究をすすめ、模擬授業も数回行い、仲間・指導教員からの鋭い指摘や意見交換を通してよりよい授業にしようと試行錯誤しています。また栄養に関する知識を再確認し、給食の献立作成の幅を広げ、子どもたちへの指導に役立てられるように努力を重ねています。

しかし、実際実習に出てみると子どもの実態に気づかされ、指導の難しさに直面します。思うように授業ができず、自分の力の無さを痛感します。そのようなときに救ってくれたのは子どもたちが真剣に話を聞いてくれたり、笑顔をくれたり、やさしい一言をかけてくれたことだったと実習から戻ってきた学生は言います。実習校の先生方も温かく、時には厳しく指導してくださいます。

写真は教育実習で子どもたちに授業をしている様子です。一生懸命取り組んできたことは、教育実習後の反省会や報告会で伝わってきました。教育実習で学生は多くの貴重な学びを得て、今後の学習へとつなげていきます。
本学卒業生の中にはすでに栄養教諭として学校現場で活躍している先生が多数みえます。栄養教諭になるという夢をかなえるために、食物栄養学専攻の教員もサポートを続けていきたいと思います。

 

栄養教諭教育実習1

 

栄養教諭教育実習2

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

site index