鈴鹿大学短期大学部

menu

給食管理実習Ⅱ(校外実習)が始まりました。

2016年08月08日

8月1日から、食物栄養学専攻2年生の校外実習が始まりました。
1年半学んできた栄養士に必要な知識や技術を活かし、現場における栄養士の職務の実際を学ぶ授業科目です。栄養士養成において、最も重要視されている授業科目です。
実習施設は、病院、社会福祉施設、児童福祉施設、給食センター、自衛隊、事業所の各施設で、今年は20施設に38人の学生が実習生として参加します。
各施設では、管理栄養士あるいは栄養士の先生方にご指導をいただきながら、実習が行われます。
1人1人の学生にとっては、1週間という短期間の実習ですが、学内では決して経験できない、貴重な体験をすることができ、それぞれが大きく成長する実習となっています。
この実習の報告会を、11月9日に実施する予定です。食物栄養学専攻1年生に向け、2年生が、実習内容や、実習で学んだこと、実習に対する心構えなどを伝える機会としています。2年生がどれくらい成長したか、今から、報告会が楽しみです。

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

site index