鈴鹿大学短期大学部

menu

特殊栄養学実習

2020年10月19日

特殊栄養学実習で咀嚼・嚥下機能低下に対応したとろみの実習を行いました。


とろみのついた飲み物や市販食品を試食し、嚥下調整分類2013などを参考にどのような状態なのか、


またどのように感じたか、さらにLST値の測定を各班に分かれ行いました。


(LST値とは、とろみのついた液体が一定時間に広がる距離をみることで、とろみの程度を数値化する方法です。)


 

写真は飲み物に3種類の濃度のとろみつけ、LST値を測定しているところです。


 

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

site index