鈴鹿大学短期大学部

menu

『体育科教育』(大修館書店発行)1月号に記事が掲載されました。

2021年12月14日

『体育科教育法』1月号の特集に本学短期大学部こども学専攻の石川拓次准教授が執筆しました記事が掲載されています。


 

■『体育科教育』大修館書店発行 2022年1月号 P22~25
記事タイトル:「年次推移からみる向上している体力、低下している体力」
(特集「子どもの体力低下」問題への新たな視角)
出版社WEBサイト:https://www.taishukan.co.jp/book/b596745.html


 

一般的に現代の子どもたちの体力は低下していると考えられがちですが、データをよく見ると向上している体力・低下している体力があることがわかります。
その原因の所在や今後子ども達にどのように接していくべきかについて解説しました。

  • SNSでシェアする
  • SNSでシェアする

site index