鈴鹿大学短期大学部

menu

子育てイノベーションセンターについて

2017年02月02日

 子育てイノベーションセンター設置は、平成28年度高等教育魅力向上補助事業として、「地域ぐるみ事業による子育ての魅力がミエる県づくりプロジェクト」提案に始まります。「三重の子が三重で育ち三重で生活する」ことを支援するため、鈴鹿大学短期大学部がこれまで実施してきた子育て支援センター事業を拡大させ、質的充実をはかり、多様な子育て・子育ち支援ニーズに対応した地域連携型システムを構築します。
 
今年度実施している事業は以下の通りです。
 
1.次世代に伝える“子育ての魅力”シンポジウム
2.高校生参加型の子育て支援事業“子育て支援探検隊”
3.全学連携型事業による子育て支援事業の充実
 「すずたん広場」拡大版
 人形劇むすび座による“おおきなかぶ”と“泣き虫大男”
 “人と人とが音楽でつながる”親子で楽しむコンサート
4.ランニングバイクによる体づくり
5.本学教員による子育て支援に関する調査研究
 
これらのプログラムを通じ、地域の子育て・子育ち事業を展開する中核拠点として機能させ、民産官学連携型地域子育てネットワークを構築します。地域の皆様からのご支援ご鞭撻を、何卒よろしくお願いいたします。
 
子育てイノベーションセンター長 市野聖治(鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部学長)
 
鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部子育てイノベーションセンター

TEL: 059-372-3900

FAX: 059-372-3903

e-mail: kosodate@suzuka-jc.ac.jp

子育てイノベーションセンターについての詳細

site index